« クレジットの上手な使い方2 | トップページ | クレジットの上手な使い方4 »

クレジットの上手な使い方3

クレジットについて、一番重要なことをお伝えするのを忘れていました。

リボルビング払い(リボ払い)はやめましょう!!

クレジット会社は、リボルビング払いを勧めます。

ポイント2倍など、嬉しい得点があります。

何故か?

クレジット会社が儲かるからです!!

何が違うのでしょうか?

一般のクレジットは、使った分を指定した回数で支払います。

10万円を1回払いなら、翌月10万年。
10万円を2回払いなら、翌月5万円と翌々月5万円。

3回以上の分割は手数料が掛かりますので、5回払いなら2万円+手数料ですよね。

分割回数が増えると、手数料率が高くなります。(分割の手数料も会社によって違いますが、実質年利で6%~15%位です。)

クレジットで分割払いをする時は、なるべく手数料の掛からない2回払いにしましょう。

後、ボーナス一括も手数料が掛かりません。

5回払いにして、全部支払わないうちにまたクレジットを使うと、その分を加算して支払います。(支払い額が増えるので、自分で使用を控えますよね。)

リボルビング払いは、
①定額払い→ 毎月1万円とか2万円に決める。
②定率払い→ 残高に対して、手数料を5%とか10%に決める。
③残高スライド→ 残高に応じて返済額がスライドする。
            残高10万円までは、1万円・残高20万までは2万円等

つまり、リボルビング払いだと、支払う方は限度額までは、何十万使っても毎月の支払はほぼ変わりません。

そうすると今自分がいくら使って、今残高がいくら残っているのかわからなくなります。

それに利用額が増えると、高い手数料ばかり払って元金(実際に物を買ったお金)が減らずに、いつまでたっても、返済できないのです。

今、リボルビング払いをしている方は、利用を控えてボーナスなどでまとめて返済しましょう。
(だからって、間違っても違うクレジットやカードローンでキャッシングして返さないで下さいね)

手間が掛かっても、金利の低い銀行の生活応援ローン(カードローンではなく)などから借り、返済するのが良いと思います。

リボ払いの金利は、実質年利15%~18%などとても高いのです。

それが残高がある限りずっと掛かります。

だから、クレジット会社は勧めるのです!!

預金と比べるのはおかしいかもしれませんが

今、普通預金の金利は0.2%!一年定期預金でも0.35%です!

銀行の窓口で受け付ける生活ローンなどは、だいたい5.5%前後です。

ご家庭に高校生や大学生がいる方は、学資ローンも使えます。

(学資ローンの前に、日本学生支援機構の奨学金を使いましょう)

  → http://kokoropg.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_c242.html  

お金を借りるときは、簡単さよりも金利を一番に考えて下さい。
 

|

« クレジットの上手な使い方2 | トップページ | クレジットの上手な使い方4 »

お得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレジットの上手な使い方2 | トップページ | クレジットの上手な使い方4 »