« エステ契約 | トップページ | 耐えられないことって!! »

教育投資 日本は最下位

今朝の新聞に、経済協力開発機構(OECD)は、
加盟国の2005年 国内総生産(GDP)に占める教育への公財政支出割合についての調査結果を発表しました。

それによると、データ比較が可能な28ケ国中で、最下位だそうです。

先進国最下位について文部科学省は、
「GDPは伸びたが、少子化の影響で教員の減少による給与支出や施設設備が減ったことが背景にある」としています。

28ケ国の平均は5%。
1位のアイスランドは7.2%
2位 デンマーク 6.8%
3位 スウェーデン 6.2%  北欧が上位を占めています。

28位 日本  3.4%  デンマークの半分ですね・・・。

逆に、私的負担は31.4%とアメリカ、韓国に続いて3番目に多いです。

公的投資の少なさを、私的支出で補っているのが実態として浮かんでいますね。

これでは、お金の掛けられる家庭の子と、掛けられない子との教育格差が生じてしまいます。

子供は、可能性をたくさん持った宝物。

将来の日本を支えてくれる大切な存在です。

財政が足りないの一言で、いまだに少人数学級も一部でしか行われていません。

子供の数が減った = 教員の数を減らす

のではなく、複数担任など細やかに目の届く環境を整える政策を

とってほしいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« エステ契約 | トップページ | 耐えられないことって!! »

教育費」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513628/23637479

この記事へのトラックバック一覧です: 教育投資 日本は最下位:

« エステ契約 | トップページ | 耐えられないことって!! »