« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

母との時間

普段兄達と暮らす母ですが、
兄夫婦が東京に行って留守にするので、我が家に来ていました。

母は大正生まれ。86歳です。
大正、昭和、平成、今元気に生きているだけでも凄いと思います。

母は子どもの時に、姉を亡くし、

子どもを二人病気で亡くし、

54歳で夫を亡くしてます。

私は亡くなった兄達の後に4番目の末っ子として生まれました。

一番上の兄とは10歳違いますので、
小学校に入学する時は、母は既に45歳。

5年生で転向した時、男の子に誰のあばあちゃん?

なんであんなに年なの?とからかわれ、

母は大好きなのに、父母会が嫌になった事もありました。

皆のお母さんとは20歳近く違いますものね。

今思い返せば、何でもない事も、
当時は言われて、傷付いてました。

母は今年の春に、パーキンソンと診断されました。

手が振るえ、日記を書くのが日課でしたが、
もうペンを持って字を書くのも大変で、やめてしまいました。

食事は自分で食べられますが、
飲み込む力が弱くなっているので、細かく刻んだ物でも、
むせて咳をします。

お風呂が嫌いで、お風呂に入ろうと言うと、具合が悪いと言いますsweat01

デイサービスに通ってもらおうと、
ケアマネジャーの方にお願いしましたが、
そんな所には行かないと、断ります・・・^^;

それでも、パーキンソンの機能訓練は、
歩けなくなったら困るから行こうねと説得して、
週に1回病院に通っています。

多分突発性難聴だと思いますが、左耳が全く聞こえません。
前は、顔を見ながら大きな口を開けてゆっくり話すと伝わったのですが、

今は右耳も殆ど聞こえなくなり、全て筆談とジェスチャーです。

私は普段はお義姉さんにまかっせっきりで、
たまにしか母を預かりませんが、
一緒に住んでいる家族は色んな気苦労がありますよね。

母の様に、デイサービスもヘルパーさんに来てもらうのも嫌がる親を介護している方は沢山いると思います。

母はまだ自分の事はなんとか自分でできますが、
認知症の進んだ方の介護は本当に大変な事と思います。

介護をされている方のカウセリングなども、
介護保険での適用があると良いと思います。
ケアプランの中に、介護者のカウセリングを入れてほしいなsign03

でも、介護保険のサービスを縮小するように、
改定しようと言う案が出ていますよねdown

母の事だけでなく、自分が年を取るのにも、
漠然とした不安を持ってしまいます・・・。

何だか、重く暗くなってしまいましが、

帰る日に母を昼風呂に入れて、
頭や体を洗い一緒に湯船に浸かりました。

風呂上り、母のすっきりした顔を見て、私も安心しました。

大好きな母ですが親不孝者なのか、

長生きしてねと素直に思えない私がいます・・・。

残りの人生を穏やかに過してもらえたいいなと思います。

老いると言う事を、
自らの姿で教えてくれているのだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法の音楽会 ディズニー・オン・クラッシック

昨日は札幌コンサートホールkitarで、

ディズニー・オン・クラッシックを聴いて来ましたるんるん

まさしく「魔法の音楽会」ぴかぴか(新しい)

始まった途端、魅了されました。


私の席は、オーケストラの後ろ、指揮者の正面です!!


指揮者とのアイコンタクト

演奏者の楽譜をめくる様子

前面に広がる満員の客席

何だか、私も演奏者の一人になった様な錯覚ぴかぴか(新しい)


ヴォーカルも素晴らしく

歌だけでなく、表情・仕草、歌に合わせた登場の仕方

ミュージカルを観ている様な感じでした。


1部・2部とあっという間に時間は過ぎました。

何度も起こるアンコールの拍手

最後のアンコールの曲が終わった後、

隣の方と同時に立ち上がり掛け、

一瞬戸惑いましたが、「立たないとね」と言いながら、

真っ先に?スタンディングオベーションexclamation ×2

向かい側の席の方々も立ち上がるのがみえました。

全員のスタンディングオベーションに、

オーケストラの皆さんも一緒になって立ち上がり、

観客に応えてくれました。

映画のワンシーンを観ているような、とても素敵な時間でした
ぴかぴか(新しい)


ディズニーの歌には、

DREMS COME TRUE の歌詞が入る作品が沢山ありますよね。

指揮者の方が、

「あなたの夢は、沢山の周りの人に影響を及ぼします」

「どうぞ夢を持ち続けて下さい」

とコメントしていました。


夢と言うと大きな物と思ってしまい、

今の世の中夢なんて持てないと言う人もいますが、


毎日健康でとか、

家族が仲良く笑顔でとか、

老後を楽しくとか、

日常に根ざした事も夢だと思う。

小さなことをひとつひとつ叶えて行けたら




コンサートが終わった後は、

居酒屋で大好きなプレミアムモルツの生ビールで乾杯しました。

幸せな1日でした。


ディズニー・オン・クラッシック公式HP

 ↓  ↓
http://www.harmonyjapan.com/doc/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民年金の免除申請 未納と免除では大違い

今日の新聞記事に、

「国民年金の保険料が免除の対象になる人の7割が、

免除申請をしていない」と言う事がわかったと載っていました。

非正規社員の方、求職中の方、自営業の方、学生で20歳以上の方。

免除申請をすると保険料が、

所得によって全額、4分の3、半額、4分の1免除になります。

以前、相談者の方に付き添って一緒に、

国民年金の加入手続きと免除申請の手続き行った時の事です。

役所では窓口に来た方の前年度の所得が分かっていて、

明らかに免除の対象者になるのを知っているはずなのに、

こちらから免除申請をしたいと言うまで、

国民年金には免除と言う制度がある事を説明しませんでした。

これでは、この制度を知らない人は

月額14,410円の保険料を払えず未納者になってしまう可能性が多いですよね。

未納者になると、将来年金をもらうのに必要な加入年数が足りず、

無年金者になったり、今病気や事故などで障がいを持っても、

障害基礎年金を受け取れませ。

学生は親の所得に関係なく、

本人のアルバイト料等の所得が118万(収入から給与控除をした後の金額)

+扶養等人数×38万円まで(学生結婚などの場合)

学生納付特例と言う制度で保険料が免除になります。

アルバイト程度なら、殆どの学生が該当します。

30歳未満なら若年者猶予制度で、

本人と配偶者の所得(親の所得は関係ありません)で免除になります。

免除と未納は大違いですsign03

学生免除と若年免除は年金額には反映されませんが、

必要加入期間の年数には入れてもらえます。

それ以外の免除の方は、

全額免除でも3分の1が、

4分の1免除では2分の1が、

半額免除では3分の2が、

4分の3免除では6分の5

将来の年金額に反映されます。

老齢基礎年金の受給額の計算は、

792,100円×掛ける月数/480月(20年×12月)

つまり、全額免除を2年間(24月)受けると、

3分の1の8ケ月分は保険料を支払ったとして、計算してくれます。

(実際に支払った月と合わせて、

満額の480月を越えないように計算式があります)

そして先ほど書いたように障がいを持ってしまった場合、

障害基礎年金を受け取れます。

万が一死亡した場合は、

家族に遺族基礎年金一時金が支払われます。

2009年度からは、基礎年金の2分の1が国庫負担(つまり税金から)になります。

(今は3分の1)そうなると、将来の年金額に反映する分が、

増える可能性があります!!

今申請をすると、今年の7月まで遡って免除対象になりますので、

ぜひ申請して下さい。

学生猶予特例以外は、配偶者等の所得と合わせた所得になります。

申請した方が、すべて免除になるわけではありませんが、

まずは申請してみて下さい。

郵送での申請も可能です。

社会保険事務所のHPを参照にして下さい。

   ↓    ↓

http://www.sia.go.jp/seido/gozonji/gozonji02.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年の漢字

毎年この時期になると、財団法人 日本漢字能力検定協会が

今年をイメージする漢字の公募をします。

応募が一番多かった漢字一字が、その年の漢字になります。

毎年12月12日の「漢字の日」に京都の清水寺で発表します。

このニュースを見ると、今年も残り少ないと思います。

2006年は「命」

2007年は「偽」 でした。

今年はなんでしょうか??

「疑」 哀しいけれど、いろいろな会社が偽装で、

信頼していた日本製品までも疑ってしまいます。

子ども達にも、以前のように人を信じなさいと自信を持って言えません。

振り込め詐欺も一方に減りませんし。

それとも「迷」 きちんと責任を取らないで迷走

日本のそれぞれの立場のトップって、どうして最初からきちんと謝らずに、

批判が殺到してから、嫌々謝るんでしょうね。

留学斡旋の会社や自動車学校が、経営が危なくなっても実態を隠して募集して,

手を付けてはいけない預り金を勝手に会社運営に回してしまい、

倒産して(多分)心のこもっていない土下座したり!

見ていて嫌なニュースばかり。

こんな時だからこそ、逆に明るいイメージの漢字で一年を締めてはどうでしょう。

コネタマ参加中: 2008年「今年の漢字」、あなたは何にする? イベントも開催!

| | トラックバック (0)

札幌市「無保険」の子供救済

「無保険」という言葉をご存知ですか?

これは、自動車の任意保険や生命保険に入っていない人ではなくて、

国民健康保険の保険料を1年以上滞納したため、

保険証を返還させられた世帯を「無保険」と言います。

滞納するとまず「短期保険証」に切り替わり、

1年以上滞納が続くと保険証は返還させられ、「資格証明書」が交付されます。

「資格証明書」で病院にかかると、いったん全額自己負担となり、

国保が払う分は申請しないと戻ってきません。

雇用契約を切られたり、不景気で事業所が社会保険から脱退したりして

国民健康保険に変わった方も多いと思います。

保険料は前年の所得から割り出しますから、保険料が高額になる方も多いのです。

生活が苦しくて保険料を滞納したのに、

全額自己負担では病院にかかれず、手遅れになった事例も報告されています。

全国で385万世帯が滞納しており(加入世帯の2割弱)

こうした保険証のない“無保険”状態で、

中学生以下の子どもがいる家庭が全国に1万8200世帯あり、

無保険の子どもの数は3万2900人

札幌市では、資格証明書を受けているのは、

1万6103人このうち18歳未満の子供は984人(2008.11.12北海道新聞記事より)

札幌市は、12月1日から18歳未満の無保険の子供に

保険証を発行する事を決めました。

これはとても良い判断だと思います。

子供には責任の無いことですから。

でも、低所得の家庭では3割負担でも、病院に行くのを控えている方が沢山います。

今新聞・テレビでは「定額給付金」が話題になっていますが、

1千800万の所得で高額所得者という事は、

所得が1千万あっても高額所得じゃないという事ですよねsweat01

(給与所得1千800万円だと → 給与収入約2千074万円です)

(所得と言うのは、給与控除や事業収入から必要経費を引いた後の金額です)

本当に必要としている所に、きちんとお金を使ってほしいなぁ~sign03

一人に1万2千円配って、生活に不安がなくなりますか?

貰えないよりは貰えた方が良いですが、結局は私たちの税金・・・。

同じ4人家族でも、高校生と大学生ではもらえる金額に差がありますし。

(18歳未満65歳以上プラス8千円)大学生の方がお金が掛かるdown

景気対策なのか、生活保障なのか、減税なのか??

目的がはっきりしていないのが、一番の問題だと思いますsign03

失業などで前年より所得が減った場合

国民年金の免除申請や国保の減免・減額・猶予措置がありますので、

滞納して不利益を受けずに、必ず役所に相談して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変われる人?!

先日なにげなくTVのチャンネルを変えていると、

NHKの「カンゴロンゴ」という番組をやってました。

「カンゴロンゴ」と名乗る世直しおじさんが、
漢文のお言葉を武器に現代のニッポンの悩みに立ち向かう
新感覚バラエティーです。(とのNHK番組説明から)

この日は定年退職したおじさんの悩み

『定年まで我慢を重ねて家族のために働いてきたつもりです…
なのに、妻も息子も、会社も、私は誰からも必要とされていないんです… 』との事・・・

カンゴロンゴさんのお言葉は

 以下  NHKホームページより引用 ↓

 お言葉は、
「藪をつついて蛇を出す」【俗諺】
(長い間コミュニュケーションの努力を怠っていた夫婦の間には深い藪ができる)。

「当て事と越中褌は向こうから外れる」【日本の諺】
(自分では動かないで、相手が何かしてくれると当てにしていても、
大抵向こうの都合でキャンセルされてしまう)。

「君子は豹変す」【易経】
(自分に自信のある人は変わることが怖くない)など。

「豹変」は本来は、良い方に変わることに使われるそうです。

「自分の中に変わらないものを持っている人は、
 変わる事が怖くない!!」

カンゴロンゴさんの言葉
“「あなたの根本は、何も変わっていないのです。
変わらないものがあるからこそ変われる。
カズオさん、畏れることはありませんぞ。
あなたはこれからも変わっていける」”

そうだ! そうんなんだよ!

妙にうなずいていましたnote

変わるって抵抗があるけど、
潔い(イサギヨイ)人はさらっと変われるのかもsign03

自己否定をやめて、今の自分を受け入れるのも変わる事shine

NHK面白い番組作ってる~と、一人TVの前でにやけてました。

土曜日の夜中ですが、良かったら見てみて下さいeye

カンゴロンゴのHP (11月2日放送) 
     ↓  ↓    
http://www.nhk.or.jp/kango/past/past005.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »