« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

認知症の母 その後

以前にレビー小体認知症になった母の事を書きました。

http://kokoropg.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-9fbe.html#comments
その後、母の好きなようにさせ病院にも行かず、
リハビリも止め内科の薬も飲まずにいました。

ケアマネジャーさんが何度か来てくれましたが、
病院・介護サービスから縁が切れてしまいました。

母の幻聴・幻覚は収まらず、興奮する時間が長くなって行きました。


夜中も何度も起きて、そばでずっと一緒にいた義姉は大変だっと思います。義姉は帯状疱疹になっていました。


3月の中頃、高校時代の友人からケアマネジャーになって、
母の住む市役所で働くことになったと連絡がありました。

相談と言うわけでなく母の様子と、どこに相談しても同じ答えしか返って来ないので、医療と福祉の狭間で結局何も出来ずにいる事を話しました。

何だかどこからも見捨てられたような、虚しさを感じていました。


友人が動いてくれて、パーキンソンで通っていた病院のサービスセンターのケアマネジャーと連絡を取ってくれました。

病院側では紹介状を書いたので、違う病院に通っていてると思っていたとの事。

翌日往診に来てくれましたheart

先生を見て母が興奮するかと思っていましたが、
自分が出かけるのではなく、来てくれる分には良いと言う事で、
すんなり診察をしてもらえました。

血圧を測ると190あり、「薬を飲みましょうね」と先生に言われると、数値を見て納得したのか、「分かりました」と返事をしたそうです。

後、興奮を抑える薬を少量出してもらいました。

3日後にも往診してもらいましたが、
1週間後体調が悪くなり、一人で起き上がれなくなり、
市内の病院に入院することに。

本人も体調が悪くて辛いのか、入院を納得しました。

検査の結果、肺が炎症を起こして熱を出していました。

入院する前から、子ども達は全員死んだと思っているので、

退院しても誰もいない、
自分の荷物もお金も始末されて何もない、
一人で歩けない、
食事の買い物も出来ない、
    ↓
死んだ方がいい・・・。

と思っているようでした。

コピー用紙に太字で、皆元気だから大丈夫と書いて見せると、
一瞬安心します。

目の前の私が娘だとわかっているけれど、
子どもは全員死んでいないと思っています。

それが、レビー小体認知症の特性みたいです。

幻聴で入院費が1日2万円掛かると言われたみたいで、
入院費も気にしていますsweat01

何もわからなくなっているのでは無いのが、とても可哀想でした。


現実と幻聴が入り混じっていて、私達も戸惑うことが多いです。

地方に住む姉と姪も母に会いに来ました。
分からないかなと思いましたが、
名前を書くと姉と分かりましたscissors

でもその日によって分からなくなりますが・・・。
主治医の先生が、メニエル病の認定申請もしてくれます。
幻聴もメニエル病と認知症が合わさっての症状と説明してくれました。


医師からも24時間目が離せないので、
自宅で介護よりも老人福祉施設等の入所を考えた方が良いのではと、
言われました。
兄夫婦は抵抗があったようですが、
私もその方が母にも良いと思うと伝えました。

でも実家の近くの病院併設の所は空きが無く入れません。

ケアマネジャーさんと医師が相談して、探してくれました。

今まで誰からも見捨てられた様な諦めがあったのですが、

友達が動いてくれた事で、良い方向に行けたと思います。
母の前ではその話はしていませんでしたが、
母も一人で動けないし、介護の所に行こうかなと言い出しました。

私達の気持ちを察したのかどうか分かりませんが・・・。

たまたまグループホームで空き室が出て見学に行くと、
とても清潔で日差しも明るく、何より入所者の方が皆さん笑顔でいました。

耳が聞こえない母ですが、いつも誰かの気配がした方が安心するのではと思えました。


果たして母にとって、これが一番良いことなのかはわかりません、
何故家に帰さないのかと言われるかもしれないけれど、
介護されるほうも介護するほうも疲れ果て、
気持ちに余裕がなくなるよりも、
プロの方に任せて、笑顔で会いに行けるのも一つの選択と思います。

先日テレビで、前の閣僚の一人が、
「家族がいるのに何で若い人や外国人に、
介護をお願いしないといけないのかと思うと、情けない」
と発言していました。

この4月から介護認定が更に厳しくなりました。
今まで使えていたサービスが使えない場面が増えています。

介護用ベットも今までは要支援や介護1の方も使えていたのが、
介護2以上で医師が認めた場合のみに改悪されました。


誰だって家庭で最後まで介護したい。

でもそれができない事をまるで責めるような発言で、
どれだけの介護家族が傷付くかをほんのちょっとでも想像してもらえればと思います。



私が依然書いた日記で同じ思いをしている方が、
益々絶望してしまっていたら申し訳なく思います。

必ず手を差し伸べてくれる人がいることを伝えたくて、書きました。

友人も友人が紹介してくれたケアマネジャーも本当に親身になってくれましたheart

感謝の気持ちでいっぱいですshine

母の容態も落ち着いて、死にたいと言わなくなりました。
私に出来る事は、母に会い行くことしか出来ないけれど、
お世話になる、グループホームの職員さんにも感謝して暮らそうと思っています。

| | トラックバック (1)

DV被害者の方への定額給付金支給

5月下旬の申請受付時にも札幌市内に住み続けていることが条件との事です。

支給受けるための申請方法は、保護命令の写しを同封した郵送などを検討中。

「子育て応援特別手当」についても、申請により支給されます。

住民票が無いので申請書が届きません。

自分で役所に申請が必要です。

保護命令を受けていないDV被害者の方は支給が難しいかも知れませんが、

ケースbyケースでの対応があるはずです。まずは相談して見て下さいね。

札幌市に続き、旭川市、釧路市も独自支給となりました。

小樽市は問い合わせしましたら、

まだ1件も問い合わせが無いので、その都度対応致しますとの返事でした。

お住まいの自治体がまだ独自支給を決めていなくても、

問い合わせがあれば、独自支給を検討する事になると思います。

勇気を出して問い合わせをして見て下さい。

これは、本来国がきちんと対応を考えるべき事だと思います。

地方自治体はどこも財政難。

独自支給になると地方自治体で予算を組まないといけません。

国が丸投げで地方に任せ、住む場所によって対応が違うのはおかしいと思いますし、本当に届いてほしい所に、届かないのでは意味がないと思います。

|

子育て応援特別手当

定額給付金は、ニュースでよく流れていますが、

「子育て応援特別手当」はご存知でしょうか?

これは子どもがいる全世帯ではなく、

小学校就学前の3学年の第2子以降の子どもがいる世帯です。

相変わらず分かりづらい説明ですね ^_^;

お子さんが1人の家庭はもらえませんsweat02

そして、1人目の子どもが平成2年4月2日から平成17年4月1日まで生まれていて、

2人目が平成14年4月2日から平成17年4月1日までの子どもがいる世帯です。

双子で平成17年4月1日に生まれていれば、

1人が対象になりますね!!

この条件を満たせば、3人目も4人目も支給されます。

1人36,000円

各自治体から郵送で申請書が届きますので、

申請書に必要事項記入し、返送もしくは窓口へ直接提出します。

原則、世帯主名義の口座への振込みとなります。

子育て支援として、支給されないよりはずっと良いですが、

子どもの対象年齢がこの時期なのはどうでしょうか?

個人的な意見としては、教育費が掛かる中学生が対象でも良いと思うのですが。

厚生労働省 子育て応援特別手当

   ↓   ↓

http://www-bm.mhlw.go.jp/kinkyu/juyou/kosodate/info_090108-01.html

追記

上記の記載は平成20年度版です。

平成21年度版は第1子から支給されます。

平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれのお子さんがいる

世帯主に一人3万6千円支給されます。

札幌市 ↓

http://www.city.sapporo.jp/kodomo/kosodate/L2_05.html

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »