« 母子家庭『聴きあう会』 | トップページ | DV・トラウマからの回復のために大切なこと~ »

高校無償化&私立高校授業料軽減と奨学金

公立高校の受験が終わりました。

公立高校の無償化、私立高校の助成が昨年から始まりましたが。

私立校へ通う場合は

○公立無償化相当額 月9,900円 年11万8,800円を学校に支給し差額を親が負担。

○世帯の住民税の所得割が合わせて18,000円未満の場合

(年収約250万~350万円未満程度 4人家族のモデルケース)

月14,850円 年17万8200円

○世帯の住民税の所得割が非課税の場合

(年収約250万未満程度 4人家族のモデルケース)

月19,800円 年23万7,600円

支給期間は、最大36ヶ月 返済義務なし(給付)


高等学校等を既に卒業したことがある生徒や、

修業年限を超えて在学している生徒は支給対象となりません。

○それと合わせて北海道の

私立高等学校授業料軽減制度が使えます。

住民税の所得割が18,900円未満

月10,000円 年120,000円

つまり、住民税が課税されている方は公立高校無償化と同じ額月9,900円

住民税の所得割が18,900円未満の方は

14,850円+10,000円=24,850円

住民税が非課税の方

19,800円+10,000円=29,800円

が給付されます。

しかし、高校は教科書が有償です。

通学定期代や指定ジャージ靴、部活動の費用も掛かります。

また、修学旅行の旅費も高額になります。

私立高校の場合は施設費などが掛かる場合もあります。

不足の部分は、社会福祉協議会の生活福祉貸付金

母子寡婦福祉貸付金の修学資金や

北海道高等学校奨学会の奨学金を利用して下さい。

(給付ではなく返還が必要な貸与ですが無利子です

入学金が必要な場合は、入学金の貸付もあります。

社会福祉協議会・母子寡婦福祉貸付金は自治体へ

北海道高等学校奨学会の奨学金は入学後高校が窓口ですので、

入学した高校にお問い合わせ下さい。

北海道高等学校奨学会 ↓

http://www.do-shougaku.or.jp/

|

« 母子家庭『聴きあう会』 | トップページ | DV・トラウマからの回復のために大切なこと~ »

教育費」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。