« ひとり親家庭で高校に進学される方 給付型の奨学金のご案内 | トップページ

H26年 公立高校、私立高校の授業料について

この春から、高校へ進学される皆さん、おめでとうございます。

希望の高校に進学できた方も、第1志望ではない学校に進学される方も、

せっかくの高校生活、それぞれの場で目標を決めて頑張ってくださいね。

さて、本題です。

公立高校は所得制限(年収910万円程度)がありますが、無償化が継続されます。

全日制は月額9,900円、

定時制は月額2,700円、

通信制は月額520円です。


私立高校は、市町村民税(住民税)の課税額によって支給額が違います。

いずれも全日制の場合の額です。

0円(非課税)(年収250万円未満程度)の場合、 基本額の2.5倍 24,750円/月


0~5万1,300円未満(年収250~350万円程度)の場合、基本額の2倍 19,800円/月


5万1,300~15万4,500円未満(年収350~590万円程度)の場合、
基本額の 1.5倍 14,850円/月

毎年(1年生は4月と7月の2回)収入状況の確認をします。

北海道の場合は、更に私立高等学校授業料軽減制度が加算されます。

市町村民税所得割額が18,900円にア、イの合計を加えた額未満である生徒
 ア 16歳未満の扶養親族の数×21,300円
 イ 16歳以上19歳未満の扶養親族の数×11,100円

軽減月額10,000円(但し、北海道の軽減制度は通信制は対象外)

授業料を軽減した学校に直接支払われます。

いずれも、入学した高校から申請書を受け取り、各自で申請します。
入学する高校にお問合せ下さい。

ですから、市町村民税が非課税の場合は、

授業料が月額40,000円でも、国の制度である高等学校等就学支援金24,750円

+北海道の授業料軽減制度10,000円で

合わせて34,750円の助成があります!

私立高校は修学旅行費や施設利用など、授業料以外でも負担が多い部分がありますが、

この制度があれば、私立高校も選択肢に入れる事ができますね。

文部科学省HP

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1342600.htm

北海道HP

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gkj/gakuji-hp/bun3.htm

|

« ひとり親家庭で高校に進学される方 給付型の奨学金のご案内 | トップページ

教育費」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。