消費者情報

マルチまがい商法が破綻するわけ

マルチ商法は違法ではありませんが、マルチまがい商法は違法です。

最近は、ネットワークビジネスとソフトに誘います。 特定商取引法では、 マルチ商法の場合は、 きちんとマルチ商法である事を告げ、 クーリングオフの説明をし、リスクも説明する事が必要です。 でも、違法の場合、 マルチ商法ですと先手を打って名乗るのもありますが、 そもそも最初の誘いが、ウソをついて人を集めます。

悪質商法にだまされるのは、お年寄りだけではありません。

20代 30代に被害が多く出ています。

マルチ商法(連鎖販売取引)

商品やサービスを販売すると共に、販売組織の会員が新たな会員を勧誘し、その会員がさらに新たな会員を入会させるということの繰り返しにより販売網を拡大していく商法です。

久しぶりに友人からの誘いに出かけて行ったら、

「なんだか人を紹介するだけでお金になる・・・。」

最初は何?と思っても、友人と一緒にプロの成功話を聞いている内に

「何だか私にも出来そう。副業でお金が入るなら!」と話に乗ってしまいます。

種類は色々。

携帯電話のHP作成代理店

自己啓発セミナー

補正下着

美顔器&専用化粧品

健康食品 etc

今日の北海道新聞に、

『一人の会員が3人の子会員を作るケースが一般的だが、

1日に1人が3人ずつ集めると、17日目には約1億3千万人に達する。

つまり、日本中の人に行き割ったってしまう。』

という記事が載っていました。

最初に始めたほんの一部の人しか儲かりません。

家族や友人を巻き込んで、

自分が被害者と加害者になってしまいます。

うそを言って友人などを勧誘した場合、

あなた自身が警察から事情聴取され、

逮捕されることがあり得るのです。

例: 「個人的な都合によるクーリング・オフは認められません」
「誰でも確実に7桁の収入が得られる」
「○○省に認められたビジネス」
などを告げることは禁止行為です。

〔マルチ商法・マルチまがい商法の典型的な例〕

☆友人・知人等に電話で勧誘される

 「よいアルバイトがある」

「一緒にサークルに入らないか」などと言われ、

販売組織の説明会に連れて行かれます。

☆集団催眠マインドコントロール説明会
 多数の若者が集まった会場では、

組織、商品、経営者のすばらしさ、

同年代の若者のサクセスストーリーなどが、

拍手、唱和、照明・音響効果 が加わった巧みな構成で語られます。

会場は興奮状態になり、

誰もがこのビジネスに加わることにより

成功すると思ってしまいます。

以前にも書きましたが、

友人だから断りづらいとずるずると付き合うより、

最初にはっきりと断りましょう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

マルチ商法 大辞泉 より ↓

《 multilevel marketing plan 》

販売会社に加盟している独立の販売員が

新しい販売員をねずみ算式に増やしながら商品を販売する方法。

販売員の勧誘に成功した者は昇進し、奨金を得る。

加盟者と消費者に被害が生じることがあるため、

特定商取引法で勧誘方法や広告方法などについて厳しく規制される。

連鎖販売取引。

ねずみ算式に会員を増やしていく点で、

違法であるねずみ講(無限連鎖講)と似るが、

集めたお金を配当するだけのねずみ講とは

商品を販売する点で区別される。

|

エステ契約

高齢者だけでなく、若い方がキャッチセールスなどで、

契約のトラブルに遭うのもとても多いですから、気を付けましょう!!

先日娘の友人が我が家に泊に来ました。

お風呂上りに、基礎化粧品をつけながら

「この間エステの無料体験で、あなたお肌がかなり痛んでるから、

今ちゃんとお手入れしないと、大変な事になるわよ!!」と、

スタッフに囲まれて散々言われ、「お金が無いので、帰ってから良く考えます」

と言うと、「目の下には隈が出来てるし、可哀相。ほんとボロボロね!!」と、

更にけなされて、凄い落ち込んだと話してました。

娘達は、今年20歳!!

(学生は支払い能力がないとみなされますが、働いてると分かると・・・)

相手にとっては、狙いところです。

契約能力はある

&契約についてよく知らない!!

不安をあおって、契約へと持って行きます。

エステは、特定継続的役務提供で特定商取引法の適用になります。

  →  http://www.no-trouble.jp/search/tokushoho/tokueki.html

普通店舗での契約は、クーリングオフが適用できませんが、

クーリングオフや何回か利用した後の中途解約も可能です。

その他、家庭教師や語学学習、塾、結婚紹介サービスなども当てはまります。

その場の雰囲気で契約してしまい、後で考えが変わった場合は、

消費者センターへ相談して下さい → http://www.kokusen.go.jp/map/ 

国民生活センターのエステの記事 

  ↓   ↓ 

キャッチセールス http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20020807_3.html

無料体験 http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/200609.html

もちろん顧客の事を考え、一生懸命施術してくれるエステサロンも沢山あります。

前にも書きましたが、行かれる前に一度ネットで、

○○サロン体験談とか○○エステクレームなどで感想を読んでから行くのが

良いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

無料商法

私も無料相談の時間を設けていますが、

主催者が純粋に告知やスキルアップのために、

無料で体験してもうらのとは区別して下さいねsign01

(情報を集める事で、区別する力をつけて頂ければと思います)

☆ ☆。o○ ☆ ☆ .。o○ ☆ ☆☆ ☆。o○ ☆ ☆ .。o○ ☆ ☆

騙されたと思っていないことが問題なのです。

先日記事にした無料着付け教室!

無料でフェイスエステ!

無料でカーペットクリーニング!

無料で電磁器の肩凝り腰痛治療!

「販売を目的としていません。今回はあくまでも宣伝が目的です。」

「多くの方に知って頂ければいいのです。」

1番困るのが、知人の紹介・・・。

「断るのも悪いし、まぁ~無料だから一度付き合えばいいかぁ」と付き合うと、

販売のプロが(今の販売員は心理学もちゃんと勉強しています)

いかにいいものかを話され、「ちょっといいかも」と思ったところを

見逃さずに、すっかり相手の手の内に・・・。

今だけ特別価格とか、会員になれば初回から割引とか。

それだけなら、被害は広がりませんが、

知人を紹介したらあなたに10%の還付金等となると、

被害者&加害者になってしまいます。

でも、この時点では商品を良い物。

素晴らしいと思っているので、知人を騙すとは思っていません。

本当に良い者を紹介してる。そう信じています。

当然ですが、高額で品質の良い商品はあります。

それが適正な価格で、自分に取って本当に必要であれば構いません。

その判断は・・・。

私は、気になる商品や何かを紹介されたら、まずネットで調べます!!

その会社のHPは当然良い事が書かれています、

次に、“○○ クレーム”や“○○ 体験”で検索。(商品名の後にスペース)

そして反対意見を読みます。

どんな商品にも反対意見はありますが、それが悪意で意図的に書いた物かは読めば分かると思います。

良い記事、悪い記事両方呼んで、自分が納得して判断すればよいのではないでしょうか。

興味がない事は、出来るだけ最初からサラリとお断りする方が、

後々の人間関係にも良いと思いますsign03

国民生活センター  ← HP

警視庁  ← HP

。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。o○。

| | コメント (0)

無料着付け教室

仲介業者とは知らなかった消費者が悪いのでしょうか??

私も3年前に参加しましたが、疑問を感じ帯セミナーが終わった時点でやめました・・・。

着物を自分で着たい!!

浴衣から始まった、和装ブーム。

今は、ポリエステルの洗える着物や、着物のリサイクルショップも増え

手軽に着物を買えるようになりました。

また、成人式を終え、着物に関心の無かった若い人も
着物の魅力に気付き、着物に対して興味を持った方も多いのでは!

年に数回、チラシが入る「無料着付け教室」

この主催者は、織物協会の組合ではありません。
きもの販売仲介業の株式会社です。

株式会社と言う事は、当然利益を上げなければいけませんよね。

無料着付けで人を集める。

私が参加した時は、いかにも織物協会か和装を推進する協会が、
皆さんに着物の文化を広めたくて、無料教室を開いている様に説明されました。

4ヶ月のうち、2回のセミナーがあります。
良質の帯を学ぶセミナーと良質の着物を学ぶセミナーです。

このセミナーで、きもの販売の仲介をします!!

午前中は丁寧に帯や反物が出きるまでの工程を教えてもらいます。

午後からが、この会社の腕の見せ所。
講座の先生&担当社員&そしてお手伝いと呼ばれる織物会社の社員!!
急に人が増えます ^_^;

好きな帯や小物を自分で選び、コーディネートの勉強です。

織物会社の社長?が、コーディネートを見てくれます。
             ↓
社長、先生、お手伝いの方(織物会社の社員)、皆さんに褒められ、そして全部で何十万円です・・・。「えっ」

最初から、きちんと販売目的を告げ、価格を表示してくれると良いのに・・・。

今日だけの特別のお値段です。
これ程の上質の物は、よそではこのお値段では買えません。等々・・・

でも、ここで消費者の心理を上手く突いて来ます。

午前中散々、一つの作品ができるまで、どれほどの手間が掛かっているか、
最高級の物を、惜しげもなく触らせてもらい、良質な物の手触りを覚え、
普段お世話になっている、なんせ無料で着付けを教えてくださっている先生が側にいらっしゃる。(ボランティアではありません。きちんと講師料を会社が払っています!)

意思の弱い方は、見事に買ってしまいます。
そして、クレジットの契約へ・・・。

(販売目的を明らかにしていない、帰る意思表示をしたのに帰してもらえない

等があった場合は、契約は無効です)

でも、予防線を張って、「御希望の方には販売いたします」と

最初に告げています。

「ただより怖い物は無い」

でも、この契約はクーリングオフが適用されます。

しかし、その後も教室に通うので、帰ってから「ちょっと家計に厳しいかな??」と思っても、
断ると通いづらいし・・・。
月に1万位なら、何とかなるか・・・。
と、クーリングオフを使いません!!

クーリングオフは消費者の権利です。

必要以上に高価過ぎたかなぁ、販売の仕方が納得いかないなぁと思ったらその権利を使いましょう。

知らないで参加するのと、知って参加するのでは違います。
知っていても「気付いたら買っていた」となる事もあります。

意思の弱い方、交渉になったら、部屋を出るなどの自衛策を取りましょう!!

私も着物は大好きです。
ですが、色々なお店で品物を見て、比べ、落ち着いて選んで下さい。

着付け教室も市民講座や個人で良心的に教えている教室がありますよ。

私は、とても良い先生に出会えました。(札幌の教室です)

   ↓   ↓

http://sapporo.navi-one.jp/cgi-bin/WebObjects/Biz.woa/wa/biz?id=91   

開田きもの学院で、毎週楽しく学んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本和装 クレーム

日経ベンチャーの記事

国民生活センターの記事 (2004年の記事ですので古いですが)

日本和装ホールディングス株式会社 ホームページ事業内容

無料商法についての記事

  ↓  ↓

http://kokoropg.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_9d6b.html

| | コメント (0)