« お見舞い | トップページ | 震災支援 緊急支援金 »

2018年9月25日 (火)

北海道胆振東部地震 支援 食品パッケージ

9月6日夜中に起きた、北海道胆振東部地震

東日本大震災でも、ずっと支援を続けて来た、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむの赤石理事長から、真っ先に支援の申し出がありました。
http://www.single-mama.com/

余震が続き停電と断水で不安な中、その連絡にとても励まされました!

今回、ジョイフルライフ(株)さんの協力で、食品パッケージを会員の皆さんに送って頂けることになりました。http://www.joyful-life.jp/

しんぐるまざあず・ふぉーらむの赤石さん、村山さんが、何を送ると良いのか聞いて下さいました。

長時間の停電で店頭から食品が消えた数日間、何時間も並んでほんの少ししか買えなかった、小さな子を抱えたり体調が悪くて買い物に行けないなどの連絡がありました。

お米、調味料、油、そして片付けなどや食品の確保などに大変な時期は過ぎても、疲れが出る頃だから、仕事から帰ってすぐに食べられる様な物が良いのではと、パスタやレトルトも沢山入れて頂きました。種類も多く、大量の食品の手配は大変だったと思います。

今回は、北海道全域が停電になったため、会員の皆さん全員に送るため
ジョイフルライフ(株)さんの物流センターが発送作業にあたってくれました。製品のサプリメントも同封して!疲れた身体にサプリメントは嬉しいですね。

震災の後、不安を抱える皆さんに、作業に携わってくださった方々の温かい思いも一緒に届きました。

昨夜から、皆さんからのメールが届いています。

「ずっしりと大きな箱が届きました。沢山の食品で驚いています」

「お米も、調味料もあって本当に助かり」

「子ども達も大よろこびです」

「メッセージを読んで涙が出ました」

「これからも1日1日を大切に
お世話になった方々にいつか恩返しができるように頑張ります。」

写真も送ってくれました。

余震が続く中、一人で子どもを守らないとと頑張った方も多く、「ひとりじゃないよ」とのメッセージが届いたらと思います。

ご協力頂いた皆様に、心より感謝申し上げます。

*****
震災後は、長く続いた停電により、職場自体が休業だったり、子どもが不安で仕事を休まなければいけなかった方も多くいます。

時給で働く方が多いひとり親!
来月の給与は半分になってしまう方もいるかもしれません。

私達、北海道は法人でもない、小さな団体です。

それでも、そんな私達を頼って、道内各地から相談があります。

今後も、支援を続けるために、皆さまからのご支援をお願い致します。



42314552_903495109847993_5088080002

メッセージと一緒に

42392035_903495129847991_5184199047

箱にびっしり詰まっていました。

42422413_903495133181324_5380849059

すぐに食べられる食品が沢山

42416665_986025901585349_6778983364
ジョイフルライフさんのサプリメントも!


Img_7582

会員の皆さんから、メッセージが届きました。

« お見舞い | トップページ | 震災支援 緊急支援金 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30