学問・資格

2011年2月 7日 (月)

中卒・高校中退の方へ 高認

色々な理由で高等学校を卒業できなかった方

高等学校卒業認定試験(旧大学入学資格検定)があります。

北海道では昨年8月と11月に札幌市で試験が行われました。

高校を中退された方は習得した単位による一部免除もあります。

一回の試験で合格に必要な課目(8課目/9課目)を全て受けずに

何回かに分けて受験する事も可能です。

過去問題がHPでダウンロードできます。

お子さんとお母さんが一緒に勉強されている方もいます。

留年・休学中でも受験可能です。

厚生労働省HPより ↓

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/index.htm

高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。

また中卒で入学し(18歳以上)卒業後

短大卒資格と幼稚園教諭・保育士資格が取得できる専門学校があります。

NPO法人進学支援の会

こども學舎http://www.kodomo-gakusha.jp/

2010年10月 4日 (月)

母子家庭支援事業で国家資格を

高等技能訓練促進費事業を利用して、

保育士・幼稚園教諭の資格を取得する

こども学舎の説明会が行われます。

高等技能訓練促進費は、母子家庭の自立支援で

2年以上の訓練養成施設に通った場合、

住民税非課税世帯では14.1万円

住民税課税世帯では70.5円の訓練手当てが支給されます。

(子が18歳まで、もしくは扶養されていれば20歳まで支給。

支給要件に該当しなくなったときは、

遅滞無くその支給決定を取り消さなければならない。

再婚や子が就職した場合など訓練費は停止される。)

希望の方には生活費として無利子で母子寡婦福祉貸付金の生活資金を借りる事ができます。

但し、申請した方全員が受給できるわけではありません。

しかし、高等技能訓練促進費が給付されなくても、

国家資格を取得することは、今後の自立を支えるものとなると思います。

母子寡婦福祉貸付金などを利用して、資格取得を目指すことも考えては。

厚生労働省では、家庭的保育事業を推進しています。

札幌市でも来年度から保育ママを実施するとの事。

保育士の資格がなくても、一定期間の研修を受けることにより

保育ママとして登録できますが、

やはり預ける側としては、保育士の資格を持っているかたは安心できるのでは。

また、保育士の他にも幼稚園教諭2種・短大卒資格・社会福祉主事任用資格(社会福祉士とは違います)が取れますので、

資格があれば保育園・幼稚園での就労も可能ですよね。

そして、中卒の方にも受験資格があることは、とても良いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こども学舎説明会

日時 10月10日(日)午前10時

場所 エルプラザ 札幌市北区北8条西3丁目

参加費 無料

託児 あり

申込・問合せ 011-616-177 こども学舎

http://www.kodomo-gakusha.jp/topics/?p=180

高等技能訓練促進費については

http://kokoropg.cocolog-nifty.com/hitorioya/2010/08/post-78af.html

2010年8月11日 (水)

スキルアップ 自立支援

雇用保険に加入していれば、教育給付金制度が使えますが、

雇用保険に加入していないのでしたら、

母子家庭自立支援給付金制度を利用すると、

各種講座受講料の20%(10万円以下)が給付されます。

受講する前に、自治体に申込が必要です。

通信講座でも利用できます。

高等職業訓練促進給付金制度もあります。

介護福祉士、看護士、保育士、理学療法士、作業療法士、

その他都道府県の長が地域の事情に応じて定める資格

(理美容師・鍼灸治療士なども申請により認められる場合があります)

など2年以上養成期間で修業する場合です。

住民税非課税世帯で、月額141,000円

住民税課税世帯で、月額70,500円が給付(返さなくて良い)

修学中の生活費も貸与できます。

(母子寡婦福祉貸付金・貸与なので返すが無利子)

(子が18歳まで、もしくは扶養されていれば20歳まで支給。

支給要件に該当しなくなったときは、

遅滞無くその支給決定を取り消さなければならない。

再婚や子が就職した場合など訓練費は停止される。)

どちらも必ず事前に申込が必要です。

公的な制度を上手に利用して下さい!!

残念ながらこの給付金額での支援は、23年度入学者までが対象になります。

(期限の延期・恒久的な支援制度への移行を要望しています)

給付を考えている方は、入学ぎりぎりではなく早めに相談に行ってください。

自分の希望する資格が対象になっているのか、

どんな手続きが必要かを確認しておきましょう。

※注意:高等職業訓練促進給付金は

申請者が全員受けられる訳ではありません。

入学前に自治体で事前申し込みをし、入学後でなければ結果がわかりません。

給付金が受けられない場合どうするか、対応を考えなければいけません。

母子寡婦福祉貸付や日本学生支援機構の奨学金(貸与)を利用するか

資格取得までの2年間3年間の生活設計を立てましょう。

(もし、支援事業の期間が延期されれば、

2年目に諦めずに申請をして、給付を受けられる事もあります。)

貸付は受けたくないのであれば、入学辞退もあります。

その場合納入した入学金は返してもらえるのかどうかの確認をしてください。

(一般的に前納した授業料は返納されます。)

申請するときに、学校や自治体の相談員によく相談しながら決めると良いと思います。

北海道 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/homepage/hitorioya.htm

厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/bosikatei/1.html

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30